ASD & ADHD MAGAZINE TENTONTO 公式サイト

TENTONTOweb

TAG: ASD

LD(学習障害)と、センサリーな音楽の話

先週からツイキャス配信で、音楽をテーマに扱うことにした。Twitterの検索機能を使って、人気曲と、その曲と合わせて聴きたい曲を紹介する番組だ。MCであるTENTONTOメンバーのYutaniは音楽にあまり関心が無いようで、この企画を立案、力説したのは私、ユミズ。毎週Yutaniと二人三脚で、今届けたい音楽を紹介していけたらと思う。これまでも何回か書いてきたが、今日も音楽とセンサリーの話をしてみたい。

続きを読む »

テントントなスラング:picky

order
O = オーダー(秩序)

なかなか理解されない「自分ルール」にも、なにかヒントがあるかも。
 
150524aspie

TENTONTOエンタメ部 第23回

こんにちは。TENTONTOメンバーのYutaniです。

エンタメ部のコーナーでは、海外のスラング(隠語)をキーワードに、多くの人と感覚の違いをもって暮らす人=テントントさんの生活について考えてみる企画をお送りしています。題して、「テントントなスラング」

今回ご紹介するのは、アスペルガーの当事者にまつわるかなり多くの場面で使われている英単語。スラングというよりも一般的な言葉に近いものです。

続きを読む »

アスペル電波傍受:The Sound of Sorting

Timo Bingmann

ソート(並び替え)のアルゴリズムを視聴覚化したこの動画、見ててすんごく気持ちいい。

多くの人はギョッとしたり、興味が持てないのはわかるんだけども、こんな見た目だからこそ、システム化指数(SQ)の高さの部分の心がくすぐられる。

お湯の沸騰や雨の音の自然現象に見立てたり、ゲームの効果音に重ねたり。あと、自分のいろんな状況での思考回路を、各アルゴリズムに当てはめてみたりする。

アスペ版・台所のおと、といったものなのかもしれない。

ユミズタキス

TENTONTOno.8発行前情報④

no8color

こんばんは。ASD & ADHD MAGAZINE TENTONTO 編集長のユミズタキスです。

大変お待たせしました、現在制作中のフリーペーパーTENTONTO最新号no.8の発行日が決まりましたので、お知らせします。最新号no.8は2017年4月30日より順次、全国のご協力店舗さまにて配布を開始いたします。

全18ページに、『センサリーの出口』をテーマにTENTONTOメンバーが取り組んだセンサリーについて載せています。発達障害、ひとりひとりの感覚の違いについて、思索を深めていただける内容になっているかと思いますので、乞うご期待ください。

引き続き寄附金も集めておりますので、ご協力いただける方はこちらをご覧いただけますと幸いです。小さなボランティア団体ですが、みなさまのサポートをお待ちしております。

ユミズタキス

Dinah #78「ダイナ、乗ってかない?」

dinah_tentonto_78

TENTONTOエンタメ部 第97回

こんばんは。TENTONTOメンバーのYutaniです。

作者のクロエ・アスパー(Dinah)さん公認のもと、毎週、日本語訳バージョンをお届けしている「Dinah the aspie dinosaur」。アスペ(aspie)恐竜の女の子・ダイナが活躍するイギリス発のWEBコミックです。今週は新しいエピソードを、ダイナさんのコメントと併せてお届けします。

ダイナの同僚のルーさんが、職場まで車で乗せていくよ、という提案のメッセージを送ってくれました。思わぬ心遣いに、とても嬉しい気分になるダイナ。しかし…

続きを読む »

テントント通信:ねこ と はる

snooze S = スヌーズ(うたた寝)
テントントさんのマイペースな日常を、コラムやマンガでつづります。
 
 
nenpa0301
続きを読む »

テントント1コマ劇場:想像力の乏しさ、やってみること

yattemiru

ユミズ タキス 作  marf 絵

自閉症スペクトラムをもつ少年(10)の思いを綴った詩、facebookで話題に

youth
Y = ユース(青春)

熱い思いを胸に活動する、テントントさんのハートフルなチャレンジ。
 
 
10-year-old writes beautiful poem about life with Aspergers

画像出典元:http://www.today.com

テントントさんがやってみたコト 第21回

みなさん、こんにちは。TENTONTOメンバーのmarfです。

自閉症スペクトラムをもつ10歳の男の子が書いた“I Am”という詩が、今話題になっています。2週間前にFacebookにて投稿されたこの詩は、自閉症児を育てる親たちを中心に大きな反響を呼び、今日までに3万以上Likeされています。

本日はThe Huffington Post Australiaにこの詩についての記事がありましたので、一部を日本語訳にしてご紹介いたします。

10-Year-Old Boy’s Moving Poem Gives A Glimpse At Life With Autism(2016/04/12)

10歳のベンジャミン・ジルー君は自閉症スペクトラムを持っています。彼は学校の授業で「私は○○です」「私は○○と思います」のような言葉を使って詩を書くことになりました。今回の“I Am”と題した詩は、そこで書かれたものです。
(以下拙訳です)
 
続きを読む »

アスペル電波傍受:American Squirrel Wingsuit Dream

Brandon Mikesell

ASD(自閉症スペクトラム障害)者に併発しやすいSPD(感覚処理障害)には、ハイパー(感覚過敏)とハイポ(感覚鈍麻)の2種類が存在する。ハイパーの場合は感覚刺激を過度に避けたがり、ハイポの場合は過度に求めたがる。

X sportsは、とりわけハイポ好みだ。疾走することで得られる感覚は、何ものにも代えがたい。BASEジャンピングの白昼夢、ぜひ最高画質で見てほしい。

ユミズタキス

【関連記事】
アスペル電波傍受:GoPro: 2500m Chamonix Wingsuit Flight

テントントなスラング:chill

navi
N = ナビ(案内)

センサリーデザインに関する知識や、ビッグニュースをお届け。

150524aspie

TENTONTOエンタメ部 第8回

TENTONTOメンバーのYutaniです。6月も今日でおしまいですね。

さて、6月最後の更新は、世界中のポップカルチャーとテントントさんとの関わりをご紹介するTENTONTOエンタメ部。「テントントなスラング」と題して、海外のスラング(隠語)をキーワードに、多くの人と感覚の違いをもって暮らす人=テントントさんについて考えてみるミニコーナーをお送りします。

今回ご紹介するスラングはこちら。

続きを読む »