ASD & ADHD MAGAZINE TENTONTO 公式サイト

TENTONTOweb

TAG: スポーツ

アスペボクシング、はじめの一歩

tentonto_boxing

画像出典元:Quest News 様 http://www.couriermail.com.au/

アスペがはじめるボクシング 第1回

TENTONTO編集長のユミズタキスです。体を動かす”アクティブな”センサリーデザインとして、これまでもスポーツを取り上げることが多かったこのTENTONTOweb。海外記事の紹介だけでなく、TENTONTOでも連載モノで読んでもらえる記事があったらよいかなと思い、今日からこの新コーナーで少しずつボクシングのことを書いていきたいと思います。

発達障害をもつ人々にとってメリットあるスポーツの一例で、以前より取り上げているボクシング。私もはじめて3年が経ちました。ボクシングに興味のない方でも楽しんでいただけるよう、なるべくわかりやすい言葉で文章にしたいと思います。またこの記事ももちろん発達障害関連の情報に関心のある読者のみなさんに向けて書いていますので、その点もご安心ください。どういうところに発達障害特有の感覚の違いが現れるのか、というところもしっかり書いていきます。またボクシングの情報を集めるために検索でやってこられた方にも、なにかの上達のヒントになれば幸いです。

続きを読む »

米・NBAのアリーナに新設された、最新『センサリールーム』の実態

636326344100385314-Sensory

提供:USA TODAY https://www.usatoday.com/

センサリーデザイン最前線 第41回

TENTONTO編集長のユミズタキスです。最新のセンサリーデザインの話題をお届けするコーナー、センサリーデザイン最前線。本日はアメリカで感覚のずれによってバスケットボール観戦を楽しめない人向けにアリーナに新設されたセンサリールームについての話題です。アメリカでは社会に注目を集めるソーシャルサービスの一環として、自閉症スペクトラム症状(ASC)や、ASCをもつ人に併発しやすい感覚過敏への取り組みが活発になっています。USA TODAYの記事を日本語訳でお届けします。

https://www.usatoday.com/story/tech/talkingtech/2017/06/10/amid-frenzy-nba-finals-room-sensory-sensitive/102687698/

続きを読む »

アスペル電波傍受:American Squirrel Wingsuit Dream

Brandon Mikesell

ASD(自閉症スペクトラム障害)者に併発しやすいSPD(感覚処理障害)には、ハイパー(感覚過敏)とハイポ(感覚鈍麻)の2種類が存在する。ハイパーの場合は感覚刺激を過度に避けたがり、ハイポの場合は過度に求めたがる。

X sportsは、とりわけハイポ好みだ。疾走することで得られる感覚は、何ものにも代えがたい。BASEジャンピングの白昼夢、ぜひ最高画質で見てほしい。

ユミズタキス

【関連記事】
アスペル電波傍受:GoPro: 2500m Chamonix Wingsuit Flight

コラム:センサリースポーツとしてのボクシング

編集長タキスが実生活でいま一番救われているもの、それはボクシング。今日はその良さを、ざっくばらんに書いてみたいと思います。

過去にも、テントントさんにおすすめのスポーツの記事テントントさんがやってみたことでの記事、そしてタキスの記事と、自閉症スペクトラム障害(ASD)者と格闘技の親和性について、これまでもお話してきました。なぜそうなのか一言で言ってみると、<上手い癇癪を起こせるようになる>からじゃないかと、私は考えています。

続きを読む »

コラム:理解の範疇を超えたもの

人ひとりひとりには理解の範疇というものがあって、その範疇を超えたものごとを理解するためには、大変な労力を要する、と思う。例えばで持ち出すのがいつもスポーツの話題になって申し訳ないけれど、私はボクシングをやっているので、パンチの打ち方で説明してみる。

続きを読む »

TENTONTOスノボの会、近づいてきました!

みなさんこんばんは、TENTONTO編集長のタキスです。本日は以前にもお知らせしたTENTONTO主催のプチイベントについて。

TENTONTOメンバーの数人で長野までスノーボードをしに行く企画があり、せっかくなので読者の方とも一緒に遊べたらいいな、という安易な発想で、現地集合で一緒に遊んで下さる方をゆるーく募集しています。

日時は2017年2月4日土曜日の朝~夕方。場所は長野県の車山高原スキー場です。全員スノーボードは初めてなので、初心者コースを行くことになると思いますが、それでも構わないという関東圏にお住まいの方、ぜひぜひご参加ください。前々日の2017年2月2日23:59までにご連絡いただいた方を対象とさせていただきます。

何か教えたりといったことはできないので、このイベントの参加費は設けません(個人のリフト券やレンタルなどの負担のみ)。メンバーと気が合わなければ、途中で別行動になってもまったく構いません。

参加ご希望の方は、こちらのフォームよりご連絡をお願いします。TENTONTOメンバーはスキーバスでそれぞれ向かうことになると思います。今確認したところ、東京発、横浜発のバスともまだ空席あり、とのことですので、参加をお考えの方はお早めにご予約ください。スノボの会の様子は、次号のフリーペーパーに掲載予定です。

TENTONTOスノボの会、やります!

みなさんこんばんは、TENTONTO編集長のタキスです。本日はTENTONTO主催のプチイベントのお知らせです。

冬らしいイベントを!というTENTONTOメンバーの希望にこたえる形で、メンバーの数人で長野までスノーボードをしに行くことになりました。せっかくなので読者の方とも一緒に遊べたらいいな、という安易な発想なのですが、現地集合で一緒に遊んで下さる方をゆるーく募集いたします。

日時は2017年2月4日土曜日の朝~夕方。場所は長野県の車山高原スキー場です。全員スノーボードは初めてなので、初心者コースを行くことになると思いますが、それでも構わないという関東圏にお住まいの方、ぜひぜひご参加ください。前々日の2017年2月2日23:59までにご連絡いただいた方を対象とさせていただきます。

何か教えたりといったことはできないので、このイベントの参加費は設けません(個人のリフト券やレンタルなどの負担のみ)。メンバーと気が合わなければ、途中で別行動になってもまったく構いません。

参加ご希望の方は、こちらのフォームよりご連絡をお願いします。TENTONTOメンバーはスキーバスでそれぞれ向かうことになると思います。スノボの会の様子は、次号のフリーペーパーに掲載予定です。

コラム:がんばったで賞とがんばっちゃう私

order
O = オーダー(秩序)

なかなか理解されない「自分ルール」にも、なにかヒントがあるかも。
 
 
「がんばったで賞」を、もらったことがありますか。私は小学校低学年の頃にもらった記憶があります。成果よりも過程を大事にするタイプの人たちが発明しそうなこの賞は、あえて発明しなければならないほど、世の中にはありふれていないもののひとつです。ふつう、がんばったから即ち成果につながることは、なかなかありません。

続きを読む »

ASDをもつグレアムさんは、スケボーをこよなく愛する

youth
Y = ユース(青春)

熱い思いを胸に活動する、テントントさんのハートフルなチャレンジ。
 
 

テントントさんがやってみたコト 第14回

こんにちは、TENTONTO編集長のユミズ タキスです。このコーナーでは、多くの人と感覚の違いを持って暮らす人=テントントさんのうち、自分の抱える感覚の違いに基づいて活動をされている方々をご紹介しています。本日はイギリス在住のアスペルガーをもつスケートボーダー、グレアムさんです。

続きを読む »

コラム:体調が悪いとより苦しい、感覚のずれからの痛み

order
O = オーダー(秩序)

なかなか理解されない「自分ルール」にも、なにかヒントがあるかも。
 
 
これまでの記事でも、発達障害由来の生まれつきの感覚のずれについてお伝えしてきました。このずれから生じる問題を解決するデザインがセンサリーデザインです。本日は発達障害の当事者のひとりとして、そのずれについて少し掘り下げてみたいと思います。

感覚が自動でうまく処理できない

私達が挙げる感覚のずれの中でも大きなもののひとつに、専門的には感覚処理障害(SPD)や感覚統合障害(SID)と呼ばれている、自閉症スペクトラム障害(ASD)と併発しやすい困難があります。感覚が過敏すぎたり、鈍感すぎたりするせいで、気持ちが逆立って落ち着かなくなり、イライラしたり、落ち込んだりします。例えば昨日の夜、私は服のタグや縫い目が気になり何度も着替えたり、いつもは好きなサンマの煮汁がとても不快に感じられて汚いものをいじっているような感覚がしました。
続きを読む »