ASD & ADHD MAGAZINE TENTONTO 公式サイト

TENTONTOweb

検索結果

米・NBAのアリーナに新設された、最新『センサリールーム』の実態

提供:USA TODAY https://www.usatoday.com/ センサリーデザイン最前線 第41回 TENTONTO編集長のユミズタキスです。最新のセンサリーデザインの話題をお届けするコーナー、センサリーデ […]

どうぶつの森でセンサリールーム?

 

ノッティンガムのサッカー場に英国内で2番目となるセンサリールームが開設

画像出典元:BBC 様 http://www.bbc.com/ センサリーデザイン最前線 第27回 こんにちは、編集長のユミズタキスです。本日はBBCのwebサイトより、自閉症スペクトラム者へ向けたイギリスにおける支援の […]

コラム:発達障害者も住みよい「暮らすプロダクト」のデザインについて考えてみた

  この間、駅のホームで高級寝台列車が停まっているのを見かけました。見るからにお金のかかった外装のデザイン。きっと特別なときに乗るのでしょう。 そういう寝台列車ではないですが、私も寝台列車に乗ったことがあります […]

「Instant Booth」を活用したカームダウンスペース、第11回かわいい感性デザイン賞企画賞を受賞

センサリーデザイン最前線 第69回 代表のユミズです。本日のセンサリーデザイン最前線は日本におけるセンサリールームの話題です。株式会社LIFULL ArchiTechの「Instant Booth」を活用したカームダウン […]

Szynkierの新作脱構築音楽アルバム『Teghnojoyg』でセンサリーを聴こう

Babe, Terror 感覚の鋭敏さが伴わないことには、感覚の違いについて思いを巡らせてデザインする「センサリーデザイン」は形になりません。発達障害者が不快に感じる感覚刺激を排した上で、魅力的な感覚刺激に「夢中になれる […]

コラム:センサリーデザインにおける優先順位の話

  センサリーデザイン(一人ひとりの感覚に寄り添うデザイン)を発達障害の当事者として考えるとき、重要な観点として、「その人の感覚における適切な優先順位をつける」必要があると思います。自分自身の感覚を通じて、簡単 […]

ドバイ万博の「クワイエットルーム」、感覚過敏な人の休憩室

センサリーデザイン最前線 第63回 ライターの青いロクです。最新のセンサリーデザインの話題をお届けするコーナー、センサリーデザイン最前線。10月から2022年3月末まで開催しているドバイ万博に設置されている、感覚に過敏な […]

ドバイ万博、センサリー・アクセシブル・イベントに認定される

画像出典元:ザ・ナショナル https://www.thenationalnews.com/ センサリーデザイン最前線 第59回   ライターの青いロクです。本日は4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせて発表され […]

発達障害者にセンサリーはどうして必要か ― 思うところを正直に書く人として ⑥

(前回からのつづき) 次に、自分の快適を自分で考え出すことが難しいと感じる場合に、何ができるかを考えていきます。 この場合は、すべての感覚について、少しずつセンスを磨くことから始めていくのが取り組みやすいと思います。自分 […]